他では食べることがなかなかできない豚足を食べよう!

鳴き声以外全て食べられるから

沖縄県では、豚は鳴き声以外全て食べられるといわれており、耳や鼻、さらに足まで食べるといわれています。食べ方も多岐にわたっている為、沖縄に行った時にはぜひ食べてみましょう。
そばに入れたテビチそばをはじめ、沖縄ではおでんの具や煮込み料理の一つとして食べられることが多いといわれています。また、から揚げにして道の駅で販売している為、手軽なファーストフードとしても食べられているといえるでしょう。なお、販売されているのは単純にから揚げになっているだけでなく、お店オリジナルの黒酢ダレががっつり絡められている為、ごはんのお供だけでなく、お酒のおつまみとして一品欲しい時にも便利です。その場で食べるのがベストなので、道の駅に行った時はぜひ試してください。

豚足の栄養素ってどうなの?

豚肉なのでタンパク質が豊富なのはもちろんですが、そのタンパク質の一つとしてコラーゲンが豊富に含まれていて、女性に人気となっています。また、エラスチンやロイシンも含まれている為、美肌効果の高い食べ物といえるでしょう。子供の健全な成育を促すためのアルギニンや、味覚だけでなく髪の毛を強くする効果も期待できる亜鉛も含まれている為、食べないのはもったいないといえます。 せっかく沖縄にはおいしい豚足料理がたくさんあるのですから、一緒に食べる物に気を付けて食べると、コラーゲンやエラスチンの吸収効率がアップするでしょう。また、亜鉛はレモンの中に含まれるクエン酸が吸収効率をアップしてくれます。そのため、豚足を食べる時にはレモンが使われている物を選びましょう。野菜豊富なチャンプルーを一緒に摂ることで、ビタミンCやB群が大幅に取れます。