本場沖縄でとれたみずみずしいゴーヤを使ったゴーヤチャンプルーを食べよう!

ゴーヤチャンプルーは「ヌチグスイ」の代表的な料理

沖縄に行くとよく目にしたり、聞く言葉に「ヌチグスイ」というのがあります。「ヌチグスイ」とは命の薬、長寿の薬という意の沖縄言葉で、薬になるほど滋養のある食物と意味があります。
沖縄野菜で言えば代表的なのがゴーヤです。ゴーヤにはビタミンやミネラルがたっぷり含まれているので、夏バテ予防や食欲増進の効果があります。
ゴーヤを使った料理と言えばゴーヤチャンプルーですが、沖縄のゴーヤチャンプルーは本場だけあってその美味しさは別格。ゴーヤ自体も本土で見るのと違って緑が濃くてみずみずしく、見るからに栄養豊富でまさに「ヌチグスイ」という感じがします。
合わせる食材で欠かせないのが島豆腐ですが、この島豆腐も固くて味が濃縮された沖縄産のモノがベストマッチで、本土の柔らかい豆腐ではイマイチその美味しさは再現できません。
沖縄旅行の際はぜひ本場のゴーヤチャンプルーを食べてみましょう!

ウマいゴーヤチャンプルーを食べたいのならここがおススメ!

一見単純そうなゴーヤチャンプルーも実は奥が深い料理です。家庭やお店では味付けも合わせる食材もいろいろと変わってくるものです。
欠かせないのが島豆腐と卵、ポークと呼ばれるランチョンミートですが、ツナや豚肉が入ったり、ニラやニンジン、もやしが入ったりします。基本的にはその時の有り合わせの野菜を使うのですが、味付けにかつお節のだし汁を使うところや、塩・コショウだけのところもあります。
沖縄ではオシャレなホテルのレストランにもメニューにありますが、街中のあちこちにある定食屋と呼ばれるお店で食べるのがおススメです。値段もリーズナブルで量も豊富なので、人気店はいつも地元客や観光客で混み合っています。
チャンプルー料理はゴーヤの他に素麺を使ったソーメンチャンプルーやお麩を使ったフーチャンプルー、ヘチマを使ったナーベーラーチャンプルーなども人気メニューで、毎日品を変えて食べても飽きませんよ!